包茎の手術の必要性について

「亀頭に皮が被っていて、ちゃんとむけないから他人に見られるのは恥ずかしい」や「彼女が出来たけど見られるのが恥ずかしい」など、包茎に関するコンプレックスをもっている男性は多々おられるようです。
しかし「包茎」は、単に恥ずかしいという事だけでなく、大きなデメリットが存在します。
中でも、特に気になるのが衛生面についてです。
皮が被っている状態というのは、包皮の中が常に恥垢がたまりやすい状態にあり、雑菌が繁殖して嫌な臭いが出てしまったりします。
もちろん包皮炎などの炎症を引き起こすこともあります。
さらに包茎の種類や症状・状態によっては、男性器にさまざまな悪い影響を及ぼすことがあります。
その代表的なものとして性交時の早漏や成長障害における短小や亀頭が成長できずに先細りになるなど、ペニスだけでなく日常生活やセックスライフそのものにも深刻な影響を及ぼす問題に関わってくると言えます。
これらのご説明でおわかりいただけるように包茎は、なるべく早期治療する事が望ましいと言えます。
専門の医療機関で、十分なカウンセリングと診察をうけられた上で、納得できる形で手術を行われることをお勧め致します。

包茎手術ならクリスタルメンズクリニック
https://www.mencli.com/hokei/kiso.html

只今、インプラント治療中です。

私は50代の主婦です。
インプラント治療中です。今はインプラント治療といっても、まだ顎の骨にネジを埋め込んだ所までですが。
インプラント治療って、そもそも、歯が抜けてしまったあとの、顎の骨に人工の歯根を埋めるという感じなんですが、そこに人工の歯をかぶせるっていう感じです。
ネジは、やっぱりスクリュー形で、こんなものが顎の骨に入るのかと思うと、最初は少々恐れおののいてしまいました。
先生が「素材はチタンです。」って言ってました。
ネジを埋め込むと、時間が経つにつれ、顎の骨とちゃんと合体するらしいのです。
ようするに自分の歯がなくなってしまった分、人工の歯で補うという事です。
金額もやはりそれなりのものですが、まじめに通って早く治療を完成したいものです。

念願のインプラントの治療をしました。

ついに念願のインプラントの治療をしました。
上のアゴに2本です!!
実際にインプラント治療がどんなものだったのか、お話します。
インプラント治療っていうのは、簡単に言うと、歯の無い部分のアゴの骨に歯根(人工)を埋めて、その人工歯根に人工の歯をとりつけるというものです。
インプラントで使用する人工の歯根はネジのような形状をしています。
これを埋め込むことで、時間が経過するうちに、アゴの骨と融合し、はずれなくなります。
インプラント治療の技術レベルは昨今で非常に発達しています。
もちろん成功率も、飛躍的にあがっているそうで、事故の不安はほとんどありません。
下側の歯に比べ、上側の歯は性質が違い、インプラントが骨に結合しにくいとのことで、少々、手術の難易度が高いそうです。
入歯のわずらわしさもなくなり、本当にうれしいです。