歯科インプラント治療や薄毛治療にも用いられる多血小板血漿PRPについて

最先端の再生医療といわれる多血小板血漿、PRP(多血小板血漿Platelet Rich Plasma)は、採血した血液を密閉式容器を用いて、遠心分離機にかけ、血液中の血小板を数倍に濃縮させて作られます。
その濃縮された成長因子が局所投与により、その周囲の再生と血流改善を促します。
血小板には多くの組織成長因子が含まれており、1998年マイアミ大学医学部のMarxは再建手術にPRPを利用する事で、下顎骨の骨の再生スピードと骨密度の増大に非常に優位な効果があったと発表しました。
注入したPRPが凝固反応する時に、様々な組織成長因子を放出するので、従来これを利用して骨の再生や増生、軟組織の治療を促進させる治療が行われてきました。
PRPを美容外科領域に応用した方法が、2006年に発表され、PRPを用いての骨の再生や増生、歯科領域でのインプラントへの応用、または熱傷や潰瘍の治療を促進させることは行われていました
今や、歯科インプラント治療や皮膚潰瘍の治療のみならず、アンチエイジング美容であるシワの改善への臨床応用や薄毛の治療にも用いられるようになりました。
特に薄毛治療においては、社会的ニーズが高まってきていますが、男性にも女性にも安全に用いることのできるPRPによる治療法は画期的な方法です。
また何よりも本人の多血小板血漿を利用する為、アレルギー反応も無いので安心感があり、頭皮や髪への負担も最大限におさえた再生医療と言えます。
様々な成長因子を含む自己由来のprp毛髪再生療法による血小板注射は、医療業界における育毛治療として非常に高い関心と注目を集め、その有効性が期待されています。

最先端の毛髪再生医療なら大阪梅田のNDクリニック

亀頭増大手術の注入素材

亀頭増大の手術はコラーゲンやシリコン、ヒアルロン酸やアクアミドといった種類の素材を亀頭部に注入し、膨らませる事で亀頭部を大きくします。
非常にデリケートな部分に注入するため、比較的安全なコラーゲンやヒアルロン酸などが亀頭増大に利用されてきました。
しかし、現在ではヒアルロン酸の4倍以上の持続性能を持つサブQや非吸収性のアクアミドといった新素材が生まれています。
亀頭増大における持続性は、ヒアルロン酸は1ヶ月から2年程度の持続性で、サブQは2年から4年程度の長い持続期間を可能にしています。
しかし、ヒアルロン酸などは持続期間が過ぎると吸収されてなくなってしまうため、定期的な反復治療が必要でした。アクアミドの場合は、体への親和性も高い上にコラーゲンのようなアレルギー反応もなく、また体内に吸収されないため、副作用や負担の少ない画期的な素材となっています。
そのため、サブQやアクアミドは現在の亀頭増大施術において最も高い評価を受けている最新の施術方法として注目を集めています。
亀頭増大で好評な銀座長澤クリニックに通っている患者の方の経験談を参考にしました。

亀頭増大手術なら銀座長澤クリニック
https://www.otoko783.com/mensplan/powerup

インプラント治療に保険は適用されません

最初に、インプラント治療は保険が適応されません。
患者様から「将来、保険が適応される事はないの?」と質問される事が多々あります。
しかしながら、「保険適応にはならない」と思われます。
「なにしろ年間で医療と福祉の予算を削減しよう」という世間ですから、医療関連に新しい予算が付くとは思えないのです。
という事で、インプラント治療は自費診療になりますので、各医院や使用するインプラントの種類やそれぞれの難易度によって費用は様々になります。一概に費用が幾らかとも言えません。
時々「インプラントは一本いくらですか?」と電話を頂く事もあります。
電話での問合せに対しては、最低限の料金を案内させて頂いた後で、トラブルが生じるのもいやですので、「今の症状を見せて頂いて、ご希望などをお聞きしてみないと料金については申し上げられません。
もし費用だけが問題であるなら、ウチの院は決して他の院に比べて安いとは言い切れません。」とお話しています。
最近ではインプラントの価格の競争がよく話題になっています。
インプラントは他の治療に比べて、経験と技術、医療設備が必要とされるな高度な医療だと思います。
術中の安全性と術後の良好な予後を得るためには色々な条件が必要になります。
インプラントは数十年にわたって、口の中で働くものです。
インプラントに対して費用だけを問題にされる方も多いのは何故か?といつも疑問を感じています。
安い材料を使って、技工料の安い技工士に仕事を依頼し、最低限の条件を整ったとしても、インプラントの原価を考慮すると、1本10~15万円程度のインプラント治療費では医療機関の運営はかなり不安定になると思われます。
インプラントは長期的なメンテとフォローが必要なのです。
安全で確実な処置と、長期間のメンテナンスを行う為には、それ相応の費用が必要なのが現実なのです。