ほくろ・いぼ・あざのお悩みは美容皮膚科で解決!

顔の印象は、ホクロやイボ、アザが一つでもあることで全く違ってきます。
それがとくに目立ってしまう場所にある場合は、とても強いコンプレックスを感じてしまう方も沢山いらっしゃいます。
お顔の周囲や首などの場合においては、なかなかメイクで隠すこともできません。
ほくろ・いぼ・あざの除去は難しい施術ではなく、傷を残さず短時間に簡単に治療できるケースがほとんどです。
ほくろは母斑細胞の増殖によってあらわれ、平たいものや盛り上がったものなど形状はさまざまです。
いろんな種類があり、そのホクロの大きさや場所により、適切な治療は違ってきます。
また、イボにおいても色々な種類がありますが、主には、ウイルス感染が原因のイボと、加齢によってできるイボがあります。
ウイルス感染が原因のイボは、皮膚の小さな傷口からウイルスが入りこみ、感染してイボとなってあらわれるというものです。
このケースの場合は、人から人へ感染する為、早期での治療が望ましいと言えます。
アザは、メラニン系、血管系、その他のあざに分けられ、一般的に赤、青、黒、茶などの色で表わされています。
これらの症状に対して、美容皮膚科の神戸アカデミアクリニックが治療で用いるのは最新型のQスイッチレーザーです。
3種類の波長を調節する事が出来る為、状態に合わせて作用させる事ができ、照射時間も短い為、周囲の正常な皮膚の組織には、ダメージを与えることもありません。
お肌のシミ、ソバカス、生まれつきの青アザなど、治療したい部分をピンポイントに安全に治療することが可能です。
副作用の心配も大幅に軽減し、今までのレーザーよりも、高い効果を得る治療が可能です。