インプラント治療って何なの?

インプラント治療は、簡単にいうと、歯が抜けてしまったあと、アゴの骨に人工の歯根を埋めて、人口の歯をつくる治療技術です。
人工の歯根はネジ形をしており、チタン製が多いようです。
インプラントをアゴの骨に埋め込むと、時間が経過するにつれ、骨に固定され、はずれてしまう心配がなくなります。
ようするに、自分の歯がなくなってしまった所に、人工製の歯を打ち込むイメージです。
昨今、インプラントの技術は飛躍的に進化し、成功率は90%以上ほこります。
歯科によって、成功率はいろいろるでしょうが、基本的には、ほとんどの場合の症例は成功すると言って過言ではないでしょう。
一般的に言われているのは、下の歯に比べ、上の歯の方が難易度が高いようです。
上のあごの骨は、下のあごの骨に比べ、インプラントが骨に結合しにくいようです。
ちなみに、インプラントというスペルは、「implant」と書きます。
英語でいうと「埋め込まれたもの」「装着されたもの」という意味合いとなります。