インプラントの歴史

最近ではおなじみになっているインプラントですが、いつから始まったのかご存じでしょうか?
実はインプラント治療の歴史は古く、記録では紀元前まで遡ります。インカ文明のミイラからサファイアの歯根が発見されたり、エジプト文明に歯の抜けたところへ象牙や宝石を埋める試みがあったりしたとの報告もあるようです。
1950年代にスウェーデンのブローネマルクらがチタンと骨が結合すること(オッセオインテグレーション)を見出し、歯科治療への応用を探り、1965年に人間に臨床応用しました。そして、世界中で承認され、チタン製スクリュータイプのインプラントが使用されるようになったのです。日本では、1983年に治療が開始されています。
2000年代には、機能的にも審美的にも優れ、インプラント治療最大の課題であった治療期間の短縮にもつながるインプラント治療の開発に到達しました。

現在では様々なインプラントがあるので、ご自分に合った治療を行うことができるようになっています。無料相談できる歯科もあるので、一度相談してみてはいかがでしょうか?

豊胸手術で念願のバストアップ!シリコン使用の場合は健診時に気をつけよう

豊胸を考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。胸が小さいことでコンプレックスを抱えてしまう女性が多いようです。胸は女の武器とも言われる部分になるため、胸がないということは武器がない、いわゆる手ぶらの状態になっていると考えるためでしょう。良い男性を見つけて幸せな家庭を築くために、胸は大事な武器になってくるのです。
今の胸よりバストアップを目指すのであれば、確実な方法として豊胸手術があります。さまざまな種類がありますが、胸にシリコンを入れて大きく見せるという方法があります。この豊胸手術を受けた場合、レントゲンなどを使用した時に胸のシリコンが写ってしまいます。そのため、健康診断などを受ける方は事前に医師に報告しなくてはいけません。豊胸手術を受けたことを誰にも知られたくないと思う人間の心理は当然だと思います。しかし、医師には隠すことはできないだけでなく、違う病気と疑われる可能性もあります。レントゲンの写り方は白い影となってあらわれますので、病気と誤解されないように事前に報告しましょう。医師以外の一般の男性には通用する技術だと思いますので、1回の手術でコンプレックスを解消し前向きに男性とお付き合いできるのであれば安いものではないでしょうか。

インプラントに挑戦

やっぱりいまの時代はインプラントでなければダメです。
入れ歯ははっきり言って噛めないです。本当ですよ。
あるクリニックでは、一般歯科、虫歯治療、小児歯科、口腔外科、審美歯科、
矯正歯科、インプラント、入れ歯に関するコンテンツを充実させより各診療項目に関するページを準備をしています。
治療として、例えばインプラントを埋入した後の安静期間中でもマウスピースをすることはできますか?
インプラント 大阪阿倍野センターでは5年保証をやっています。
ここのインプラントはかなり良い材料を使用しているで大阪の歯科医師のなかでも評判になっています。
余談ですが、かなり粗悪なセラミックなどを使用している歯科医院もあるそうです。
いったいいくら費用がかかるのか、恐ろしくなります。
4月には、新生活を始める息子の引越しに買い物、大学の卒業式もあり、
それに箱入り主婦のインプラント2次オペに!
ほんと綺麗に歯がはいりました。かなりおすすめの歯医者です。
やっぱり入れ歯よりインプラントの方がいいです。
入れ歯ではせんべいなどを食べるのに覚悟がいります。
インプラントなら残っている歯への負担がなく、
自分の歯(天然歯)に近い機能があります。
インプラントなら煎餅もOKですし、酒の魚の烏賊なども食べれます!
これからは、インプラントを長く持たせるために日常の手入れに力を入れていきます!
もちろん歯科医院への定期的なメンテナンスもやっていきますよ。
やはり自分自身のお手入れだけでは限界がありますからね。
3カ月〜半年の頻度でいいそうなので、忘れないようにし通っていきます!