インプラントの歴史

最近ではお馴染みになっているインプラントですが、いつ頃から始まったのかご存じでしょうか?
実はインプラント治療の歴史は古く、記録では紀元前まで遡ります。インカ文明のミイラからサファイアの歯根が発見されたり、エジプト文明に歯の抜けた所へ象牙や宝石を埋める試みがあったりしたとの報告もある様です。
1950年代にスウェーデンのブローネマルクらがチタンと骨が結合すること(オッセオインテグレーション)を見出し、歯科治療への応用を探り、1965年に人間に臨床応用しました。そして、世界中で承認され、チタン製スクリュータイプのインプラントが使用されるようになったのです。日本では、1983年に治療が開始されています。
2000年代には、機能的にも審美的にも優れ、インプラント治療最大の課題であった治療期間の短縮にも繋がるインプラント治療の開発に到達しました。

現在では様々なインプラントがあるので、ご自分に合った治療を行う事が出来る様になっています。無料相談できる歯科もあるので、一度相談してみては如何でしょうか?

仮性包茎の場合、本当に手術は必要なのか?

世の中の男性において、自身のペニスに悩みがある人は少なくありません。
その中でも代表的な悩みの一つに「包茎」が挙げられます。
包茎の悩みの中で一番多いのは、銭湯や温泉などの公衆浴場や入院時などに他人に見られる事が、とても恥ずかしいという事です。
包茎の悩みを無くす為には包茎手術を受ける事で解決します。
しかしながら、全ての人に包茎手術をお勧め出来る訳ではありません。
「仮性包茎」、所謂、自分の手で簡単に包皮を剥く事が出来る状態の場合には特別な理由が無い限り手術を受ける必要はありません。
包茎手術が必要になるケースは、自分の手などで包皮を剥くことが出来ない「真性包茎」の場合や、剥いた時に亀頭の締め付けやツッパリ感等の痛みを感じるカントン型の包茎の場合が手術の対象となります。
また性行為時に痛みや強い刺激を感じる方などは手術が必要となります。
真性包茎の方は、包皮の中に雑菌が溜まり易いので、性病や他の病気を引き起こすリスクも高まります。
これらに該当する方達は、専門の医療機関にてカウンセリングを受ける事をお勧め致します。

包茎のお悩みなら新宿形成外科へ
https://www.s-keisei.jp/houkei/index.html

インプラントに挑戦

やっぱりいまの時代はインプラントでなければダメです。
入れ歯ははっきり言って噛めないです。本当ですよ。
あるクリニックでは、一般歯科、虫歯治療、小児歯科、口腔外科、審美歯科、矯正歯科、インプラント、入れ歯に関するコンテンツを充実させより各診療項目に関するページを準備をしています。
治療として、例えばインプラントを埋入した後の安静期間中でもマウスピースをする事はできますか?
インプラント 大阪阿倍野センターでは5年保証をやっています。
ここのインプラントはかなり良い材料を使用しているで大阪の歯科医師の中でも評判になっています。
余談ですが、かなり粗悪なセラミックなどを使用している歯科医院もあるそうです。
いったいいくら費用がかかるのか、恐ろしくなります。
4月には、新生活を始める息子の引越しに買い物、大学の卒業式もあり、それに箱入り主婦のインプラント2次オペに!
ほんと綺麗に歯がはいりました。かなりお勧めの歯医者です。
やっぱり入れ歯よりインプラントの方がいいです。
入れ歯ではせんべいなどを食べるのに覚悟がいります。
インプラントなら残っている歯への負担がなく、自分の歯(天然歯)に近い機能があります。
インプラントなら煎餅もOKですし、酒の魚の烏賊なども食べれます!
これからは、インプラントを長く持たせるために日常の手入れに力を入れていきます!
もちろん歯科医院への定期的なメンテナンスもやっていきますよ。
やはり自分自身のお手入れだけでは限界がありますからね。
3カ月〜半年の頻度でいいそうなので、忘れない様にし通っていきます!