インプラント治療って何なの?

インプラント治療は、簡単にいうと、歯が抜けてしまったあと、アゴの骨に人工の歯根を埋めて、人口の歯をつくる治療技術です。
人工の歯根はネジ形をしており、チタン製が多いようです。
インプラントをアゴの骨に埋め込むと、時間が経過するにつれ、骨に固定され、はずれてしまう心配がなくなります。
ようするに、自分の歯がなくなってしまった所に、人工製の歯を打ち込むイメージです。
昨今、インプラントの技術は飛躍的に進化し、成功率は90%以上ほこります。
歯科によって、成功率はいろいろるでしょうが、基本的には、ほとんどの場合の症例は成功すると言って過言ではないでしょう。
一般的に言われているのは、下の歯に比べ、上の歯の方が難易度が高いようです。
上のあごの骨は、下のあごの骨に比べ、インプラントが骨に結合しにくいようです。
ちなみに、インプラントというスペルは、「implant」と書きます。
英語でいうと「埋め込まれたもの」「装着されたもの」という意味合いとなります。

インプラントに関しての最新情報

天然歯と同じ様な違和感のない噛み心地を得られるのは勿論の事、自然な見た目を回復する事が出来ます。
そして、インプラントは、健康な歯と歯茎を維持していればとても長持ちします。
又、現在では再生治療が発達してきました。それに伴い、インプラントを植えるのに十分な骨量がない場合でも、
骨を増殖することにより手術が可能となります。
骨の移植には専門的な知識がいるため、出来るだけ経験豊富な歯科医院にいく事をお勧めします。
此の頃は色々な技術があるためインプラント以外でも対応が出来ることもあります。
興味のあるかたは一度カウンセリングを受ける事をお勧めします!

インプラントの歴史

最近ではおなじみになっているインプラントですが、いつから始まったのかご存じでしょうか?
実はインプラント治療の歴史は古く、記録では紀元前まで遡ります。インカ文明のミイラからサファイアの歯根が発見されたり、エジプト文明に歯の抜けたところへ象牙や宝石を埋める試みがあったりしたとの報告もあるようです。
1950年代にスウェーデンのブローネマルクらがチタンと骨が結合すること(オッセオインテグレーション)を見出し、歯科治療への応用を探り、1965年に人間に臨床応用しました。そして、世界中で承認され、チタン製スクリュータイプのインプラントが使用されるようになったのです。日本では、1983年に治療が開始されています。
2000年代には、機能的にも審美的にも優れ、インプラント治療最大の課題であった治療期間の短縮にもつながるインプラント治療の開発に到達しました。

現在では様々なインプラントがあるので、ご自分に合った治療を行うことができるようになっています。無料相談できる歯科もあるので、一度相談してみてはいかがでしょうか?