歯科インプラント治療や薄毛治療にも用いられる多血小板血漿PRPについて

最先端の再生医療といわれる多血小板血漿、PRP(多血小板血漿Platelet Rich Plasma)は、採血した血液を密閉式容器を用いて、遠心分離機にかけ、血液中の血小板を数倍に濃縮させて作られます。
その濃縮された成長因子が局所投与により、その周囲の再生と血流改善を促します。
血小板には多くの組織成長因子が含まれており、1998年マイアミ大学医学部のMarxは再建手術にPRPを利用する事で、下顎骨の骨の再生スピードと骨密度の増大に非常に優位な効果があったと発表しました。
注入したPRPが凝固反応する時に、様々な組織成長因子を放出するので、従来これを利用して骨の再生や増生、軟組織の治療を促進させる治療が行われてきました。
PRPを美容外科領域に応用した方法が、2006年に発表され、PRPを用いての骨の再生や増生、歯科領域でのインプラントへの応用、または熱傷や潰瘍の治療を促進させることは行われていました
今や、歯科インプラント治療や皮膚潰瘍の治療のみならず、アンチエイジング美容であるシワの改善への臨床応用や薄毛の治療にも用いられるようになりました。
特に薄毛治療においては、社会的ニーズが高まってきていますが、男性にも女性にも安全に用いることのできるPRPによる治療法は画期的な方法です。
また何よりも本人の多血小板血漿を利用する為、アレルギー反応も無いので安心感があり、頭皮や髪への負担も最大限におさえた再生医療と言えます。
様々な成長因子を含む自己由来のprp毛髪再生療法による血小板注射は、医療業界における育毛治療として非常に高い関心と注目を集め、その有効性が期待されています。

最先端の毛髪再生医療なら大阪梅田のNDクリニック