気になる亀頭増大・長茎の手術の費用

私は昔からペニスの手術を受けようかずっと悩んでいるのです。
ネット検索などをしていると、亀頭増大・長茎の手術の費用もかなり安くなったので、悩むこと無く受けることが可能..とのことですが、気軽に手術を受けて良いものかどうか考えてしまいます。
病院によって施術方法が違ってきたり金額が大きく変わってくるようなのです。
私が調べた限りでは、真性包茎とかの場合なら保険の利く手術になるようで、2万円程度のようですが、私の場合は包茎ではなく短小なのです。
保険適用外の手術なので10万円以上あたりのようですが、新宿形成外科などの専門医であれば、やはり30万円以上は覚悟しておかなければなりません。
私の友人が亀頭増大・長茎の手術を受けたのですが、彼が手術を受けたのは都会に出張した時に専門の病院で受けたのだそうです。
雑誌の広告欄にも載っているような有名な病院だったのですが、親切丁寧な処置にもかかわらず低価格を売りにしている病院だったのです。
そのような病院が望まれるのですが、私の地域には見つからないのです。
私が知らないだけで、亀頭増大の手術の費用を大きく宣伝しないようにしている可能性もあるのですが..。
手術の内容や価格を相談しながらいくつかの病院を診察して回るのは気が引けてしまいます。

亀頭増大は注入する素材によって料金が違うみたいだけど…どれがおすすめ?

ペニス増大や長茎術の手術の料金は、それぞれの素材の内容によって、大きなバラつきがあるため、担当の医師とよく話し合いをすることが重要です。
特に、シリコンやヒアルロン酸などの注入をすることにより、見栄えを良くすることができるケースがありますが、身体的な負担の程度をじっくりと把握することが求められます。
近頃は、亀頭増大に関する取り組みが積極的に行われている医療機関について、大手のメディアで紹介されることがあるため、忙しい生活を過ごしている人であっても、役に立つ情報を仕入れることが可能となります。
亀頭増大などの専門医院である東京銀座長澤クリニックは、メディアでも有名で、ネット上でも度々、意見交換が行われることがあり、初めての人であっても、満足のゆく知識を身につけることが出来ます。
もしも、ペニス増大の素材の選び方についてわからないことがある場合には、空き時間を使いながら、いち早く通院先の医師のアドバイスを受けることが望ましいといえます。

東京銀座長澤クリニック

亀頭増大手術の注入素材

亀頭増大はコラーゲンやシリコン、ヒアルロン酸やアクアミドといった種類の素材を亀頭部に注入し、膨らませることで亀頭部を大きくします。
非常にデリケートな部分に注入するため、比較的安全なコラーゲンやヒアルロン酸などが亀頭増大に利用されてきました。
しかし、現在ではヒアルロン酸の4倍以上の持続性能を持つサブQや非吸収性のアクアミドといった新素材が生まれています。
亀頭増大における持続性は、ヒアルロン酸は1ヶ月から2年程度の持続性で、サブQは2年から4年程度の長い持続期間を可能にしています。
しかし、ヒアルロン酸などは持続期間が過ぎると吸収されてなくなってしまうため、定期的な反復治療が必要でした。アクアミドの場合は、体への親和性も高い上にコラーゲンのようなアレルギー反応もなく、また体内に吸収されないため、副作用や負担の少ない画期的な素材となっています。
そのため、サブQやアクアミドは現在の亀頭増大施術において最も高い評価を受けている最新の施術方法として注目を集めています。
亀頭増大で好評な銀座長澤クリニックに通っている患者の方の経験談を参考にしました。