インプラントに挑戦

やっぱりいまの時代はインプラントでなければダメです。
入れ歯ははっきり言って噛めないです。本当ですよ。
あるクリニックでは、一般歯科、虫歯治療、小児歯科、口腔外科、審美歯科、
矯正歯科、インプラント、入れ歯に関するコンテンツを充実させより各診療項目に関するページを準備をしています。
治療として、例えばインプラントを埋入した後の安静期間中でもマウスピースをすることはできますか?
インプラント 大阪阿倍野センターでは5年保証をやっています。
ここのインプラントはかなり良い材料を使用しているで大阪の歯科医師のなかでも評判になっています。
余談ですが、かなり粗悪なセラミックなどを使用している歯科医院もあるそうです。
いったいいくら費用がかかるのか、恐ろしくなります。
4月には、新生活を始める息子の引越しに買い物、大学の卒業式もあり、
それに箱入り主婦のインプラント2次オペに!
ほんと綺麗に歯がはいりました。かなりおすすめの歯医者です。
やっぱり入れ歯よりインプラントの方がいいです。
入れ歯ではせんべいなどを食べるのに覚悟がいります。
インプラントなら残っている歯への負担がなく、
自分の歯(天然歯)に近い機能があります。
インプラントなら煎餅もOKですし、酒の魚の烏賊なども食べれます!
これからは、インプラントを長く持たせるために日常の手入れに力を入れていきます!
もちろん歯科医院への定期的なメンテナンスもやっていきますよ。
やはり自分自身のお手入れだけでは限界がありますからね。
3カ月〜半年の頻度でいいそうなので、忘れないようにし通っていきます!

インプラントの歴史

最近ではおなじみになっているインプラントですが、いつから始まったのかご存じでしょうか?
実はインプラント治療の歴史は古く、記録では紀元前まで遡ります。インカ文明のミイラからサファイアの歯根が発見されたり、エジプト文明に歯の抜けたところへ象牙や宝石を埋める試みがあったりしたとの報告もあるようです。
1950年代にスウェーデンのブローネマルクらがチタンと骨が結合すること(オッセオインテグレーション)を見出し、歯科治療への応用を探り、1965年に人間に臨床応用しました。そして、世界中で承認され、チタン製スクリュータイプのインプラントが使用されるようになったのです。日本では、1983年に治療が開始されています。
2000年代には、機能的にも審美的にも優れ、インプラント治療最大の課題であった治療期間の短縮にもつながるインプラント治療の開発に到達しました。

現在では様々なインプラントがあるので、ご自分に合った治療を行うことができるようになっています。無料相談できる歯科もあるので、一度相談してみてはいかがでしょうか?

インプラントの最新事情

インプラントは失った歯の代わりにチタンでできた人工物を入れ、歯の機能を回復していきます。
誰でも適応可能ではなく、重度の糖尿病、歯周病などの方はインプラント治療の前に疾患の治療が必要な場合があります。
インプラントの治療は、神経や血管など生死に関わる繊細な箇所の治療です。
診療前にCT撮影を行ってくれる歯科院が安心です。
さらに、インプラントの治療に関するシミュレーションを確認できるクリニックを選ぶことが重要です。インプラント処置をする位置などを含めて、CT画像で事前に説明を受けることができるクリニックを選ぶことが、治療したインプラントを少しでも長持ちさせる第一歩です。
現在では「ガイデッドサージェリー」という方法も出てきました。CTスキャンで撮影した画像データと口の中の3Dスキャンしたデータをもとに、コンピューター上でインプラントの手術のシミュレーションをもとにした治療計画を立てることができ、その治療計画どおりに精確に行われる手術や、またはそのシステムのことを指します。
安心安全かつ治療時間も短くでき、シミュレーションではインプラントを埋め込む適切な位置や角度、深さを診断する事が出来ます。