仮性包茎の場合、本当に手術は必要なのか?

男性において、自身のペニスに悩みがある人は少なくありません。
その中でも代表的な悩みの一つに包茎が挙げられます。
包茎の悩みの中で一番多いのは、銭湯や温泉などの公衆浴場や入院時などに他人に見られることが恥ずかしいという事です。
包茎の悩みを無くすためには包茎手術を受ける事で解決します。
しかしながら、全ての人に包茎手術をおすすめできるわけではありません。
「仮性包茎」、いわゆる自分の手で簡単に包皮を剥くことが出来る状態の場合には特別な理由が無い限り手術を受ける必要はありません。
包茎手術が必要になるケースは、自分の手などで包皮を剥くことが出来ない「真性包茎」の場合や、剥いた時に亀頭の締め付けやツッパリ感等の痛みを感じるカントン型の包茎の場合が手術の対象となります。
また性行為時に痛みや強い刺激を感じる方などは手術が必要となります。
真性包茎の方は、包皮の中に雑菌が溜まりやすいので、性病や他の病気を引き起こすリスクも高まります。
これらに該当する方達は、専門の医療機関にてカウンセリングを受ける事をお勧め致します。

包茎のお悩みなら新宿形成外科へ
https://www.s-keisei.jp/houkei/index.html#01