インプラント治療に保険は適用されません

最初に、インプラント治療は保険が適応されません。
患者様から「将来、保険が適応される事はないの?」と質問される事が多々あります。
しかしながら、「保険適応にはならない」と思われます。
「なにしろ年間で医療と福祉の予算を削減しよう」という世間ですから、医療関連に新しい予算が付くとは思えないのです。
という事で、インプラント治療は自費診療になりますので、各医院や使用するインプラントの種類やそれぞれの難易度によって費用は様々になります。一概に費用が幾らかとも言えません。
時々「インプラントは一本いくらですか?」と電話を頂く事もあります。
電話での問合せに対しては、最低限の料金を案内させて頂いた後で、トラブルが生じるのもいやですので、「今の症状を見せて頂いて、ご希望などをお聞きしてみないと料金については申し上げられません。
もし費用だけが問題であるなら、ウチの院は決して他の院に比べて安いとは言い切れません。」とお話しています。
最近ではインプラントの価格の競争がよく話題になっています。
インプラントは他の治療に比べて、経験と技術、医療設備が必要とされるな高度な医療だと思います。
術中の安全性と術後の良好な予後を得るためには色々な条件が必要になります。
インプラントは数十年にわたって、口の中で働くものです。
インプラントに対して費用だけを問題にされる方も多いのは何故か?といつも疑問を感じています。
安い材料を使って、技工料の安い技工士に仕事を依頼し、最低限の条件を整ったとしても、インプラントの原価を考慮すると、1本10~15万円程度のインプラント治療費では医療機関の運営はかなり不安定になると思われます。
インプラントは長期的なメンテとフォローが必要なのです。
安全で確実な処置と、長期間のメンテナンスを行う為には、それ相応の費用が必要なのが現実なのです。