インプラントの最新事情

インプラントは失った歯の代わりにチタンでできた人工物を入れ、歯の機能を回復していきます。
誰でも適応可能ではなく、重度の糖尿病、歯周病などの方はインプラント治療の前に疾患の治療が必要な場合があります。
インプラントの治療は、神経や血管など生死に関わる繊細な箇所の治療です。
診療前にCT撮影を行ってくれる歯科院が安心です。
さらに、インプラントの治療に関するシミュレーションを確認できるクリニックを選ぶことが重要です。インプラント処置をする位置などを含めて、CT画像で事前に説明を受けることができるクリニックを選ぶことが、治療したインプラントを少しでも長持ちさせる第一歩です。
現在では「ガイデッドサージェリー」という方法も出てきました。CTスキャンで撮影した画像データと口の中の3Dスキャンしたデータをもとに、コンピューター上でインプラントの手術のシミュレーションをもとにした治療計画を立てることができ、その治療計画どおりに精確に行われる手術や、またはそのシステムのことを指します。
安心安全かつ治療時間も短くでき、シミュレーションではインプラントを埋め込む適切な位置や角度、深さを診断することができます。