インプラントの歴史

最近ではおなじみになっているインプラントですが、いつから始まったのかご存じでしょうか?
実はインプラント治療の歴史は古く、記録では紀元前まで遡ります。インカ文明のミイラからサファイアの歯根が発見されたり、エジプト文明に歯の抜けたところへ象牙や宝石を埋める試みがあったりしたとの報告もあるようです。
1950年代にスウェーデンのブローネマルクらがチタンと骨が結合すること(オッセオインテグレーション)を見出し、歯科治療への応用を探り、1965年に人間に臨床応用しました。そして、世界中で承認され、チタン製スクリュータイプのインプラントが使用されるようになったのです。日本では、1983年に治療が開始されています。
2000年代には、機能的にも審美的にも優れ、インプラント治療最大の課題であった治療期間の短縮にもつながるインプラント治療の開発に到達しました。

現在では様々なインプラントがあるので、ご自分に合った治療を行うことができるようになっています。無料相談できる歯科もあるので、一度相談してみてはいかがでしょうか?

インプラント治療って何なの?

インプラント治療は、簡単にいうと、歯が抜けてしまったあと、アゴの骨に人工の歯根を埋めて、人口の歯をつくる治療技術です。
人工の歯根はネジ形をしており、チタン製が多いようです。
インプラントをアゴの骨に埋め込むと、時間が経過するにつれ、骨に固定され、はずれてしまう心配がなくなります。
ようするに、自分の歯がなくなってしまった所に、人工製の歯を打ち込むイメージです。
昨今、インプラントの技術は飛躍的に進化し、成功率は90%以上ほこります。
歯科によって、成功率はいろいろるでしょうが、基本的には、ほとんどの場合の症例は成功すると言って過言ではないでしょう。
一般的に言われているのは、下の歯に比べ、上の歯の方が難易度が高いようです。
上のあごの骨は、下のあごの骨に比べ、インプラントが骨に結合しにくいようです。
ちなみに、インプラントというスペルは、「implant」と書きます。
英語でいうと「埋め込まれたもの」「装着されたもの」という意味合いとなります。

歯科医院の治療について

治療技術の進歩に伴って、歯科医院の治療も次第に快適になっています。
そのために、できるだけ痛みを感じない方法で、虫歯を治すことができるようになりました。

また、保険診療や自由診療から選べるので、費用を考えながら最適なプランから選べます。
できるだけ歯を削らない方法を選ぶこともできるので、歯の美しさを保ちながら、虫歯を治すことも可能です。

年齢や歯と歯茎の状態に合わせて、歯科医師から定期検診のアドバイスを受けることもできます。
定期検診を通じて歯と歯茎の状態をチェックすることで、虫歯や歯周病のリスクを抑えられます。
したがって、歯と歯茎の健康を維持して、老後も自分の歯を使って食事を食べられるようになります。
虫歯が進行した場合でも、根管治療やブリッジなども選べます。

そして、歯石を取り除いたりホワイトニングも活用することで、いつまでも歯を美しく保てます。
診療をご希望の際は、予約診療を活用することで、待たずに歯科医の診療を受けることができるのでお勧めです。