仮性包茎の場合、本当に手術は必要なのか?

世の中の男性において、自身のペニスに悩みがある人は少なくありません。
その中でも代表的な悩みの一つに「包茎」が挙げられます。
包茎の悩みの中で一番多いのは、銭湯や温泉などの公衆浴場や入院時などに他人に見られる事が、とても恥ずかしいという事です。
包茎の悩みを無くす為には包茎手術を受ける事で解決します。
しかしながら、全ての人に包茎手術をお勧め出来る訳ではありません。
「仮性包茎」、所謂、自分の手で簡単に包皮を剥く事が出来る状態の場合には特別な理由が無い限り手術を受ける必要はありません。
包茎手術が必要になるケースは、自分の手などで包皮を剥くことが出来ない「真性包茎」の場合や、剥いた時に亀頭の締め付けやツッパリ感等の痛みを感じるカントン型の包茎の場合が手術の対象となります。
また性行為時に痛みや強い刺激を感じる方などは手術が必要となります。
真性包茎の方は、包皮の中に雑菌が溜まり易いので、性病や他の病気を引き起こすリスクも高まります。
これらに該当する方達は、専門の医療機関にてカウンセリングを受ける事をお勧め致します。

包茎のお悩みなら新宿形成外科へ
https://www.s-keisei.jp/houkei/index.html

包茎の手術の必要性について

「亀頭に皮が被っていて、ちゃんと剥けないから他人に見られるのは恥ずかしい」や「彼女が出来たけど見られるのが恥ずかしい」など、包茎に関するコンプレックスを持っている男性は多々おられる様です。
しかし「包茎」は、単に恥ずかしいという事だけでなく、大きなデメリットが存在します。
中でも、特に気になるのが衛生面についてです。
皮が被っている状態というのは、包皮の中が常に恥垢が溜まり易い状態にあり、雑菌が繁殖して嫌な臭いが出てしまったりします。
もちろん包皮炎などの炎症を引き起こす事もあります。
さらに包茎の種類や症状・状態によっては、男性器に様々な悪い影響を及ぼす事があります。
代表的なものとして性交時の早漏や成長障害における短小や亀頭が成長できずに先細りになるなど、ペニスだけでなく日常生活やセックスライフそのものにも深刻な影響を及ぼす問題に関わってくると言えます。
これらのご説明でお分かり頂ける様に包茎は、なるべく早期治療する事が望ましいと言えます。
専門の医療機関で、十分なカウンセリングと診察を受けられた上で、納得できる形で手術を行われる事をお勧め致します。

包茎手術ならクリスタルメンズクリニック
https://www.mencli.com/hokei/kiso.html