亀頭増大手術の注入素材

亀頭増大はコラーゲンやシリコン、
ヒアルロン酸やアクアミドといった種類の素材を亀頭部に注入し、
膨らませることで亀頭部を大きくします。

非常にデリケートな部分に注入するため、
比較的安全なコラーゲンやヒアルロン酸などが亀頭増大に利用されてきました。
しかし、現在ではヒアルロン酸の4倍以上の持続性能を持つサブQや非吸収性のアクアミドといった新素材が生まれています。
亀頭増大における持続性は、ヒアルロン酸は1ヶ月から2年程度の持続性で、
サブQは2年から4年程度の長い持続期間を可能にしています。
しかし、ヒアルロン酸などは持続期間が過ぎると吸収されてなくなってしまうため、定期的な反復治療が必要でした。
アクアミドの場合は、体への親和性も高い上にコラーゲンのようなアレルギー反応もなく、
また体内に吸収されないため、副作用や負担の少ない画期的な素材となっています。
そのため、サブQやアクアミドは現在の亀頭増大施術において最も高い評価を受けている最新の施術方法として注目を集めています。
亀頭増大銀座長澤クリニックに通っている患者の方の経験談を参考にしました。