念願のインプラントの治療をしました。

ついに念願のインプラントの治療をしました。
上のアゴに2本です!!
実際にインプラント治療がどんなものだったのか、お話します。
インプラント治療っていうのは、簡単に言うと、歯の無い部分のアゴの骨に歯根(人工)を埋めて、その人工歯根に人工の歯をとりつけるというものです。
インプラントで使用する人工の歯根はネジのような形状をしています。
これを埋め込むことで、時間が経過するうちに、アゴの骨と融合し、はずれなくなります。
インプラント治療の技術レベルは昨今で非常に発達しています。
もちろん成功率も、飛躍的にあがっているそうで、事故の不安はほとんどありません。
下側の歯に比べ、上側の歯は性質が違い、インプラントが骨に結合しにくいとのことで、少々、手術の難易度が高いそうです。
入歯のわずらわしさもなくなり、本当にうれしいです。