インプラント治療って何なの?

インプラント治療は、簡単にいうと、歯が抜けてしまったあと、アゴの骨に人工の歯根を埋めて、人口の歯をつくる治療技術です。
人工の歯根はネジ形をしており、チタン製が多いようです。
インプラントをアゴの骨に埋め込むと、時間が経過するにつれ、骨に固定され、はずれてしまう心配がなくなります。
ようするに、自分の歯がなくなってしまった所に、人工製の歯を打ち込むイメージです。
昨今、インプラントの技術は飛躍的に進化し、成功率は90%以上ほこります。
歯科によって、成功率はいろいろるでしょうが、基本的には、ほとんどの場合の症例は成功すると言って過言ではないでしょう。
一般的に言われているのは、下の歯に比べ、上の歯の方が難易度が高いようです。
上のあごの骨は、下のあごの骨に比べ、インプラントが骨に結合しにくいようです。
ちなみに、インプラントというスペルは、「implant」と書きます。
英語でいうと「埋め込まれたもの」「装着されたもの」という意味合いとなります。

只今、インプラント治療中です。

私は50代の主婦です。
インプラント治療中です。今はインプラント治療といっても、まだ顎の骨にネジを埋め込んだ所までですが。
インプラント治療って、そもそも、歯が抜けてしまったあとの、顎の骨に人工の歯根を埋めるという感じなんですが、そこに人工の歯をかぶせるっていう感じです。
ネジは、やっぱりスクリュー形で、こんなものが顎の骨に入るのかと思うと、最初は少々恐れおののいてしまいました。
先生が「素材はチタンです。」って言ってました。
ネジを埋め込むと、時間が経つにつれ、顎の骨とちゃんと合体するらしいのです。
ようするに自分の歯がなくなってしまった分、人工の歯で補うという事です。
金額もやはりそれなりのものですが、まじめに通って早く治療を完成したいものです。

念願のインプラントの治療をしました。

ついに念願のインプラントの治療をしました。
上のアゴに2本です!!
実際にインプラント治療がどんなものだったのか、お話します。
インプラント治療っていうのは、簡単に言うと、歯の無い部分のアゴの骨に歯根(人工)を埋めて、その人工歯根に人工の歯をとりつけるというものです。
インプラントで使用する人工の歯根はネジのような形状をしています。
これを埋め込むことで、時間が経過するうちに、アゴの骨と融合し、はずれなくなります。
インプラント治療の技術レベルは昨今で非常に発達しています。
もちろん成功率も、飛躍的にあがっているそうで、事故の不安はほとんどありません。
下側の歯に比べ、上側の歯は性質が違い、インプラントが骨に結合しにくいとのことで、少々、手術の難易度が高いそうです。
入歯のわずらわしさもなくなり、本当にうれしいです。